2017年06月27日

ライブハウスパーティー演奏会を行いました。

昨年12月12日にライブハウスパーティー演奏会を行いましたのでその様子をレポートします。ちょっと遅いですが、、、
会場は、福岡市南区塩原にある「ディキシー」というライブハウスです。ソルフェ音楽専門学院から歩いて5分ぐらいの非常に近くにあります。このお店はドラムを含めたライブスペースが常設されていて、食事もアメリカンテイストでとても美味しいんです。


この会の目的は、、、ライブハウスでみんなそれぞれの曲を演奏をします。その間食事が出てきますので演奏していない人は食事をしながら演奏を楽しむという、、本当のライブハウス形式を体験するというものです。
ボーカルの人も2〜3曲歌いますので、曲間におしゃべり(MC)をしなければいけないので人前で話すのが苦手な人は良い経験になりました。


ライブハウスパーティー2.jpg

講師の先生みなさんも参加いただいて、とても楽しい時間を過ごせました。
ライブハウスパーティー.jpg
posted by ソルフェブログ at 00:00| Comment(0) | 専門課程の色々日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

世界のトランペッター「大野俊三さんの特別講義」を行いました。

2016年の10月に開催したトランペットプレイヤー大野俊三さんの特別講義の様子をご紹介します。

大野氏3.jpg

大野さんは日本人でただ一人二度のグラミー賞受賞者で、作曲分野でも活躍するバリバリのニューヨークジャズメンです。そんな世界の大野氏を特別講師に迎えて、特別講座を開催しました。
当日は日本人のバンドメンバーを交えて4階のホールでミニコンサートも行いました。



ピアノ担当の野力奏一氏は松浦学院長の昔のバンド仲間だそうで、懐かしそうに会話が弾んでいました。
大野氏1.jpg

みんな大満足の特別講義でした。
大野氏2.jpg
posted by ソルフェブログ at 20:32| Comment(0) | 専門課程の色々日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

新導入のレコーディング機材紹介

久しぶりのブログは、学院のスタジオに新規導入されたスタジオモニタースピーカーのご紹介です。

2017年4月にビックリ感動のモニタースピーカー、GENELECのNew Smart Active Monitoringシリーズ第二世代8330Aを導入しました。

このスピーカーシステムはAutoCalにより、スピーカー側で室内音響特性の適切な改善を行うものです。
使用法は、リスニングポイントに測定用の特殊なマイクを置いて、スピーカーとマイクとパソコンを連動させた上、スピーカーから発した信号音をマイクで測定します。
そしてAutoCalによって、リスニングポイントにおいての、周波数特性を最適化し、再生レベル差をなくし、時間軸を等距離にし高度な音響補正演算を自動的に行います。
簡単に言えば、「スピーカーを、その部屋に一番最適な鳴り方にしてくれるシステム」なのです。

Gene.jpg
上の写真は自動補正した結果をグラフにしたものです。

最初にこのスピーカーをデモンストレーションの時に聴くまでは、導入するつもりはありませんでした。しかしその音質の補正効果を聴いてしまったら、あまりの素晴らしさに、導入を決めざる得ませんでした。
学院生達の耳を確かなものにするのは、とても重要なことで、音感訓練をいろいろ実施していますが。スピーカ上での正しい音を常に学院生に聴かせるのもすごく重要です。レコーディングなどの時に信じられるスタジオモニターで毎回作業できるのは大変ありがたいことです。

デジタル機材は無理になくても良い物も多くありますが、このスピーカーシステムは今後絶対に必要な機材になっていくと思われます。
ビックリでした。
posted by ソルフェブログ at 20:23| Comment(0) | 専門課程の色々日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする