2017年09月30日

卒業生がベストボーカル賞とベストドラム賞を受賞しました!

嬉しいお知らせです!

島村楽器のイオン福岡店が主催するlivebattle2017(コンテスト)で本校ボーカル科卒業生の小泉裕太君がベストボーカル賞を受賞しました。
コイズミクンベストボーカル.jpg
上の写真は賞状を持つ小泉裕太です。

そしてもう一人、本校のドラムス科卒業生の武原正樹君が同じくlivebattleの初代ベストドラム賞を受賞しています。

takehara5.jpg
上の写真が武原正樹君です。

小泉君と武原君の二人は「HeartPlusBurger」というデュオで福岡県を中心に積極的に活動をしています。
小泉君のボーカルは低音域での迫力ある力強い声質でありながら優しい雰囲気があります。そしてピュアな曲作りに魅力があります。
最近は高い音域を競うような風潮がありますが、でも実は人間の耳は高い音域の声は特徴を聞き分けにくいんです。そして低音域は個性を聞き分けやすいのです。その低音域に良い個性を持つ小泉君はラッキーですね!個性を大切に頑張ってほしいものです。

それと武原君は人当たりが柔らかく、攻撃的な人も多いドラマーとしては珍しい性格なのですが、そこがアンサンブルに優しい雰囲気を出すのに貢献しています。
、、、そんな二人のデュオだから「HeartPlusBurger」は優しい音楽性をもっているのでしょうね。
Burger.jpg
「HeartPlusBurger」

これからが楽しみですね。
みなさん応援よろしくお願いします!!

https://heartplusburger.jimdo.com/





posted by ソルフェブログ at 07:50| 専門課程の色々日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

Tempo Keep コンテストを開催しました!

こんにちは、今は前期試験の真っ最中です。

今回ご紹介するのは試験中に行った「Tempo Keep コンテスト」です。
このコンテストは、メトロノームなしでも一定小節を正しいTempoでKeepできるかを競うものです。

やり方は、最初にメトロノームと一緒に4小節手拍子をしてその後4小節間メトロノームの音量をゼロにし、その間本人はひたすら手拍子でTempoをKeepします。その後4小節の無音区間が過ぎるとメトロノームの音が復帰して鳴りだします。その時自分の手拍子とメトロノームの音のリズムが合っていれば正しいTempoをKeep出来ているのです。これを連続で4回やります。
合格条件は4回の内2回ずれたら失格になります。つまり1回だけは許される訳です。

しかもクリアするごとにTempoを遅くしていきます。
最初はメトロノームTempoで100から始めて、クリアするごとに90・80・70というふうに10ずつTempoを遅くします。これって結構難しいんですよ。でもこれが出来るようになると演奏してる時に早くなったり遅くなったりしない、安定したTempoの演奏が出来るようになります。
学院生みんながそうなれるように、ソルフェでは色んなリズムトレーニングを日々行っています。
審査員はベースとリズムトレーニング担当講師の石田良典先生と松浦義和学院長です。

下の写真は今回優勝した2年ボーカル専攻の神田侑矢(ゆうや)君です。
優勝賞品のAmazonギフトカード5千円が贈られました。
kannda1.jpg

この下をクリックすると神田君のTempo Keepの様子を映像で見れます。

この映像は、テンポ80の4小節空きの様子です。神田君はここまでがんばりました。
映像を見ていると手拍子をするだけなのに相当エネルギーを使っているのが判ります。もっと楽にKeep出来るようになれると良いですね。

あなたも映像と一緒にTempo Keepに挑戦してみてください。
クリアーできれば、ちょっと自信を持ってもいいかも!!!

2位はなんと、1年エレキギター専攻の吉田優輝君でした。
記録は、Tempo90の4小節空、きまでクリアーできました。
2位の吉田君にも3千円のギフトカードが贈られました。

また後期試験期間中に開催します。
学院生のみなさん頑張ってTempo Keep 王を目指してください。
Amazonギフトもね!




posted by ソルフェブログ at 15:22| Comment(0) | 専門課程の色々日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

是永巧一氏による特別講座が無事終了しました。

8月29日火曜日。学院生が楽しみにしていた、是永巧一氏によるギタークリニック&プロデュースのお話講座を開催しました。


korenagasi2.jpg

まず最初にガツンと1曲演奏をしていただきました!




最初から、すごい演奏を披露していただき聴講生はみんな感動でした。
演奏が終わってから、いよいよギタークリニックが開始されました。


学院生一人ひとり前に出てクリニックを受けました。

korenagasi3.jpg




このあと、ギターアンプの音色のセッティング方法の説明をしていただきました。





最期に質疑応答の時間で学院生からいろんな質問を受けて丁寧に答えていただきました。

korenagasi1.jpg

次回は3月の学院オーディションライブのゲストとして来校していただきます。
是永先生本当にありがとうございました。次回もよろしくお願いいたします!!






posted by ソルフェブログ at 15:44| Comment(2) | 専門課程の色々日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする