2018年08月13日

古賀メロディーのカバーCD【音楽和也(おんがくはわなり)】をソルフェでレコーディングしました。

大川市出身の大作曲家・故古賀政男氏の曲のカバーCDのレコーディングをソルフェ音楽専門学院のスタジオで行い、このほど無事に完成し発売になりました。

古賀政男CD.jpg

大川音楽祭の古賀メロディー部門最優秀賞の東亜樹さん(10歳)が歌い、古賀政男記念館の山田館長もメンバーである古賀メロディーギターアンサンブルが演奏。
CDが7月25日に発売されました。

古賀メロディーは僕らが普段演奏しているロックやポップスとは少し違う曲風ですが
今回レコーディングでは学院長の僕が半分プロデューサーみたいな立ち位置になってしまい、思いっきり深く入りこんでしまいました。
でもそのおかげで、古賀メロディーの良さを少し理解できた気がします。お友達もできたし。

古賀レコーディング1.jpg
古賀レコーディング2.jpg

古賀政男記念館のダンディーな館長をはじめギターアンサンブルのみなさんの味のある演奏を何度も聴きそれを理解しながらレコーディングをするのは、楽しくも根気のいる作業で10時間以上連続するレコーディングも3回を数え、気が変になりそうな時もありましたが、総じて素晴らしく素敵な経験でした。

古賀レコーディング3.jpg

歌の東亜樹ちゃんも10歳ながら大変大人びた歌の節回しを正確に歌える素晴らしい子でした。これからの成長が期待される所です。

【音楽和也(おんがくはわなり)】 生前古賀政男先生が好きだった言葉だそうです。
「音楽というのは、いろいろな楽器が集まって作られるものです。
ひとりだけが勝手な音を出したのでは、
全体のリズムもハーモニーも壊れてしまいます。
音楽というのは、いうなれば、人の和が結集したものです。
そうして、これは、どんな立場の人にもどんなことにもいえることだと思います。
誰もが、ひとつの楽器を受け持っているつもりでいれば、
世の中には大きな和が生まれるでしょう。
小さな和から、大きな和へ、
音楽のように人生を語ることができたら、と思うのです。
私は一生懸命生きてきました。
私の歌を、歌いついでいってくださる人たちに、
『音楽和也』の言葉を贈りたいと思います」


今の僕たちにも大切な言葉ですね。

posted by ソルフェブログ at 00:37| Comment(0) | 専門課程の色々日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

朝倉で〜2018未来人祭〜チャリティー音楽イベント〜を開催しました!

このチャリティーイベントは大川青年会議所主催とソルフェ音楽専門学院共催で行ったものです。
ソルフェ音楽専門学院からは講師・在校生・卒業生合同で参加しました。

ポスター JPEG.jpg

私たちは27日金曜日の朝からPAの機材や楽器・アンプ等をレンタカー会社から借りてきた2トントラックにソルフェの校舎から運び出して積み込み学院長が運転(機材車の運転に一番なれていたので)して朝倉の杷木小学校の体育館まで運びました。

猛暑日でしかも体育館はクーラーがなく扇風機もまだ届いていなかったので、学院長が熱中症ぎみになるなど体調を気にしながら機材を二階まで階段で搬入しました。
最初にPAの坊主いや間違いBose/L1のセッティングを行いました。
L1はコンパクトでセッティングが楽です。しかも小学校の体育館でも十分な音量でしかも抜けが良く音質も良いのでみんな気に入っていました。

Bose.jpg

しかし今回ミキシングに使用したワイハイミキサーの通信が頻繁に途絶えるのには困りました。なにか対策があればよいのですが、このままでは今後つかえないですね。

2017年12月新機材.jpg

舞台のセッティングが終わったら大川から来た小学生達とカホン演奏の練習をしました。

練習.jpg

その夜は学院長と武原君と小泉君はホテルに泊まるので一緒に焼き鳥屋さんで乾杯。
なかなか美味しいお店でした。

IMG_4947.JPG

二日目の28日いよいよ本番の日です。会場は暑さ対策が昨日より増えて、水分補給もしやすくなっていました。
僕たちも水筒を買って氷とお茶をしっかりいれたり準備万端!
午前中はリハーサルですので朝からドラム専攻講師の吉住先生や松浦君・龍さん(卒業生)神田君(3年生)姫島君(2年生)泉谷君(高等2年生)が続々と到着。
ミキサーのワイハイが切れまくる中、順調にリハは進みました。

本番が始まり大川市の市役所スタッフ大坪さんがオープニングアクトで歌います。
続いて卒業生の龍さんが一番手で舞台に上がりいよいよ開始です。

龍さん.jpg

続いて小泉君と武原君のユニット「Heart Plus Burger」が上がりました。今日は特別に松浦君(Gt)と姫島君(Bs)がお手伝いです。

バーガー小泉.jpg
武原君.jpg

途中カラオケキングの人やチアリーダーがはいりいよいよ吉住バンドの登場です。

吉住先生バンド.jpg
松浦君.jpg
神田君姫島君.jpg
吉住先生.jpg


映像もどうぞ。

最後に大川と朝倉の子供達の歌とカホンと僕たちとの大合奏で締めくくりました。

朝倉大川合同演奏.jpg

終了後、子供達がカホンとバンドの演奏楽しかったと言ってくれました。
こちらも楽しかったですよー! また一緒に演奏できたらいいね!

大川市と大川信用金庫様にご協賛、朝倉市・朝倉市教育委員会にも後援いただいております!
ありがとうございました。
posted by ソルフェブログ at 13:37| Comment(0) | 専門課程の色々日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

学院長の前のバンドが現在になって再評価されています。

レコードコレクターズという音楽雑誌の4月号に松浦義和学院長の以前のバンド「ラムー」の再評価記事が載っていました。

記事の内容は、「当時としては最先端のサウンドをつくっており。小室哲哉氏も90年代のプロデュース作品のヒントになったと言っていた」と書いています。
また小室氏はラジオでも「松浦学院長のラムーが自分の原点だ」と言っていました。

ラムー.jpg

松浦学院長は最近プロデュース活動も活発に行っており、ソルフェの学生に対するプロデュースなども楽しみですね!









posted by ソルフェブログ at 20:50| Comment(0) | 専門課程の色々日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする