2018年05月05日

学院長の前のバンドが現在になって再評価されています。

レコードコレクターズという音楽雑誌の4月号に松浦義和学院長の以前のバンド「ラムー」の再評価記事が載っていました。

記事の内容は、「当時としては最先端のサウンドをつくっており。小室哲哉氏も90年代のプロデュース作品のヒントになったと言っていた」と書いています。
また小室氏はラジオでも「松浦学院長のラムーが自分の原点だ」と言っていました。

ラムー.jpg

松浦学院長は最近プロデュース活動も活発に行っており、ソルフェの学生に対するプロデュースなども楽しみですね!









posted by ソルフェブログ at 20:50| Comment(0) | 専門課程の色々日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: