2018年02月17日

東京でのレコーディングが終了しました。

松浦学院長がプロデュースする新人バンド「あいのぼり」の
デビューシングルCDのレコーディングが終了しました。

すべてが望みうる一番良い形で録音出来ました。写真と一緒にどんな作業をしているところかを説明しますね。

篠原MIX.jpg
篠原さん.jpg
今回のミキシングエンジニアは女性のマリー篠原さんです。女性のミキサーはまだ少ないですが、今ミキサーを目指している女性はすご腕の篠原さん目指してがんばってくださいね。
asisutannto.jpg
今やどのスタジオでもプロトゥールズで録音しています。ミュージシャンを目指すみなさんもしっかりプロトゥールズを理解しておきましょうね。

Drチュナー.jpg
ドラムを叩いている人はドラムの演奏者ではなくドラムチューナーの方です。
ドラムチューナーさんは、レコーディングする音楽に合わせてドラムセット選んでスタジオに持ってきてくれます。そしてドラムのヘッド(皮)のチューニングやシンバルの種類などドラムに関するあらゆる事に対応してくれます。すごく良い音がするので最近のレコーディングではよく依頼を受けるそうです。
Drチュナー2.jpg
プロデュース側から、スネアの音質を少し変えたいと言うと、チューナーさんとミキサーさんとで協議しながらセッティングを検討して思い通りの音にしてくれます。感動しますよ。
Dr&チューナー.jpg
演奏する人(左)とチューニングする人の記念写真です。演奏するひと(メンバー)は何度写真を撮っても変な顔をするのでそのままにしました。

小松氏.jpg
バンド「あいのぼり」のギタリスト小松君です。
Gtr.jpg
今回のレコーディングではプロデューサーの是永氏のアンプやエフェクターセットやギターをお借りして小松君が演奏しました。

是永&小松.jpg
演奏について是永氏や僕(松浦)からアドバイスを受ける小松君


imanostrings1.jpg
いよいよ弦楽器のレコーディングです。
今回は第一ヴァイオリン4名・第二ヴァイオリン4名・ヴィオラ2名・チェロ2名で演奏します。
俗にいう4422という編成です。
今野&松浦1.jpg
リーダーの今野さん(ヴァイオリン)と僕(松浦)とで録音したものを聴きながら、演奏表現の修正点や楽譜の変更が必要な点の話をしている所です。演奏は最初の一回目ほぼ初見なのにだれもミスをしない演奏ですばらしかったです。
一回録音するごとに今野さんと僕とで協議をして、演奏を煮詰めていきます。
4回目ぐらいでOKテイクが録れました。あとは一部の修正だけで済みました。
素晴らしいの一言です。
弦カル.jpg
曲の一部で各パートを1名づつにした弦楽四重奏の形で録音しました。
マイクセッティングが難しいです。でもこのシーンはアコースティックギターとヴァイオリンソロに代わるかもしれません。もしそうなったら幻の四重奏になりますね。
kinennsatuei.jpg
最後に今野ストリングスの皆さんと記念写真です。
(左端が学院長・右端奥が是永氏)


iano.jpg
涙のアーチという曲で僕が弾いたスタンウェイピアノです。イントロがこのピアノとヴィオラのソロで始まります。Jポップバンドのイントロがヴィオラとピアノで始まるなんて変わっていますが、聴き終わった時には皆さん納得できるはずです。
僕の父は九州交響楽団の初代コンサートマスターで、先日N響の篠崎先生(第一コンサートマスター)から父の事を「伝説のヴァイオリニスト」と呼んでいただきました。でもその息子はロックに走ったので、せめて弦のアレンジでしっかりヴィオラを理解したアレンジをしたいと思って書きました。

アコギコーナー.jpg
是永氏のアコースティックギターコーナー。アコギの演奏は是永氏が担当しました。

bo-karu.jpg
ここで、ボーカル明日香さんが歌いました。
(譜面台には亡くなったお母さんの写真が貼ってありました。)

2月20日にTD(トラックダウン)して完成です。
posted by ソルフェブログ at 01:56| Comment(0) | 専門課程の色々日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: