2017年08月23日

夏休みの自主レコーディングを今年は神田君がチャレンジしました!

ソルフェ音楽専門学院の学院生は学院のレコーディングスタジオも自由に使えます。夏休みは授業がお休みなので時間を取りやすいのでチャンスなんです。

、、で、今年は2年ボーカル専攻科の神田君がチャレンジしました。
kanda1.jpg

ミキシングオペレーターは今年の卒業生の佐々木君がお手伝いしてくれます。
佐々木君なら安心です。

kandasasaki1.jpg

学院長がスタジオをちょっとのぞいた時はギターとボーカルを同時に録るか別々に録るかを悩んでいたようです。どうなったんでしょうか??

曲は神田君のオリジナル曲だそうです。どんな曲ができるんでしょうね。
楽しみですね。

この続きは後日報告します。(まだギターソロが録れてないそうなので)

それにしても、今は良い時代になってものですね。
だって僕(学院長です)が学生の頃は、自主録音だと4チャンネルオープンリールを使ってピンポン録音ぐらいしかできなかったので、音を録るたびにジージーノイズが増えてました。
今は、プロと同じ環境で自由に録音できるんですからね。

それから、お手伝いしてくれてる佐々木君はとても良い人なのですが、音楽機材マニアで有名な人なんです。
sasakikunn.jpg
楽器フェアに行くと、色んな機材が欲しくなって、自分の心の中で「買う・買わない」の葛藤が勃発して大変疲れると言っていました。
僕もその気持ちは少しわかる気がします。






posted by ソルフェブログ at 21:53| Comment(0) | 専門課程の色々日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: