2018年03月03日

2017年度・第28回ステージを実習開催しました。

3月にヤマハ西新パレスのホールでステージ演奏の実習を行いました。
毎年1回開催なので、今年でなんと28回目になりました。
学院生が生まれるずっと前から、ソルフェ音楽専門学院はあったんですね!

さて、今回はもうおなじみのギタリスト&プロデューサーで、これまでに2000枚超のCD制作に参加している「是永巧一氏」(ソルフェギター科顧問)をゲストとしてお招きしました。
直前まで松浦学院長と一緒にメジャーデビューする「あいのぼり」のCDプロデュース作業を行っておられ、お疲れの所を頑張って福岡まで来ていただきました。

学院生みんな、レベッカやTMネットワークの宇都宮氏などのバンド活動他日本の音楽業界のど真ん中を走っている是永氏の前で演奏することになるので、超緊張気味でした。
今回は写真で様子をご紹介します。

まずは機材のセッティングを皆で行います。
搬入.jpg
楽器セッティング.jpg


つづいて、PAチェックです。
ステージでスマホをいじっている人がPAミキサーです。
今回もスマホでミキシングするシステムを使用していますので、ステージでもスマホでモニターやフロントの出音を調整できるのです。
スマホミキシング4.jpgスマホミキシング2.jpg
スマホのミキシング画面がみえるでしょうか?
このスマホ一台でミキシングやエフェクトなど全ての作業が出来ます。
デジタルの進歩で凄い時代になってきましたね。
スマホミキシング3.jpg


ゲストの是永巧一氏が到着されていよいよ第28回ステージ実習の開始です。
ゲスト1.jpg

Gt1.jpg
Ba1.jpg
Vo2.jpg
オリジナル演奏1.jpg
高等課程1.jpg
Gt3.jpg
Gt2.jpg

全ての演奏が終了したのち、是永氏から感想やアドバイスなどプレイヤーとして生きる上で大変参考になるアドバイスをいただきました。
その中から一番印象に残った言葉をご紹介します。
「みなさんは、ステージで演奏する時、必ず次のステップではどんな場所で演奏するするのか、常に上を目標にしたイメージを持ちながら演奏してください。」
もう少し具体的に捕捉すると、お客さんが50人のライブハウスで演奏する時は1000人のホールで演奏するイメージで演奏をする、、5000人のホールで演奏する時は1万人の野外ステージで演奏するイメージを持つようにして、、、常に上をめざして演奏を向上させましょう。ということです。
Korenaga氏1.jpg


おまけの写真
実習が終わりソルフェ音楽専門学院のスタジオでくつろいでいる所です。
記念1.jpg
posted by ソルフェブログ at 09:42| Comment(0) | 専門課程の色々日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする