2013年11月30日

学内作品発表会の続きです

先日行った学内発表会で演奏した2・3年の学院生のオリジナル曲に対して、後日、講師がアドバスを行いました。
講師は学院長の松浦義和先生とギター科主任講師の常藤勝之先生でした。
 コード進行におけるコード選択についてや、アレンジングや演奏法に至るまで、丁寧に分かりやすく指導を行いました。
指導によってどんどん曲が良くなって行くのを学院生全員が実感していました。

DSC00688.JPG

その後、今度は曲のレコーディングが行われました。
今回はライブ形式なので、ギターを弾きながら歌ったりするのをそのまま録音しました。しかも誰かが間違えれば最初から録音しなおさなければならないので、みんな緊張して演奏していました。
DSC_2106.JPG

DSC_2077.JPG

しかし、たっぷり時間をかけて納得するまで演奏してもらったので、すごく良い録音ができて、みんな喜んでいました。

 指導にあたった講師の先生方も「大変有意義な1週間を過ごすことができて、良かったです。私達講師自身も満足出来る授業でした。」、、、と言われていました。
来年も発表会で、どんな素敵な曲が聴けるのか楽しみですね!



posted by ソルフェブログ at 00:24| Comment(0) | 専門課程の色々日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

「社会人レッスンコース日記」                      今日は可愛いボーカリストの録音です

この可愛い女の子Sちゃんは、社会人コースボーカル専攻ジュニアコースでレッスンを受けています。
曲が一曲練習が完成したので、今日レコーディングを初めてしました。
DSC_8786.JPG

Sちゃんは、とっても良いリズム感をしていて、ノリノリで間違わずに歌う事ができました。DSC_8782.JPG

ママと石田先生、みんなで記念写真です。
DSC_8803.JPG

また、その可愛い歌声レコーディングさせてくださいね!!



posted by ソルフェブログ at 21:19| Comment(0) | 社会人レッスンコース日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

2013年度 学内作品発表会のレポート

毎年恒例の学内作品発表会を11月22日に行いました。
下の写真はその時の学院生の演奏写真です。
DSC_1922 -.JPG
DSC_1972.JPG
DSC_2029.JPGDSC_1988.JPG
DSC_2041.JPG

この行事は、学院生がオリジナルで作った曲を二人組になってライブ演奏するものです。制作過程では講師の指導はあえて一切受けないで、自力で制作演奏します。そうする事で学院生本来の作編曲演奏能力の評価が出来るのです。

下の写真の右がわの学院生が座って叩いている箱はカホン(Cajón)と呼ばれるペルー発祥の打楽器の一種でカホーンとも発音されています。カホンは楽器自体に跨って演奏される箱型のもの(ペルー式)からコンガのように股に挟んで演奏されるもの(キューバ式)があり、通常ペルー式カホンを指す場合が多いそうです。
DSC_2034 -.JPG

本、作品発表会では、ドラムスの使用をあえて禁じてあるため、パーカッションを使用します。その中でも、カホンはバスドラムの様な音やスネアドラムの様な音を出せるので人気があります。
最近は、ストリートでの演奏でもよく使用されています。

posted by ソルフェブログ at 16:47| Comment(0) | 専門課程の色々日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする